歯周病

歯周病

歯周病とは

歯周病とは
歯周病は、歯そのものではなく、歯を支えている歯茎と骨が細菌に侵されてしまう病気です。
初期症状はほとんどなく、気付かないうちに進行していき最終的には歯を失う可能性もあります。

厚生労働省の歯科疾患実態調査(2005年)では成人の80%以上が歯周病にかかっていると報告されており、8020財団の永久歯の抜歯原因調査(2005年)でも歯を失う原因として歯周病が41.8%で第1位になっています。

常にお口の中を清潔な状態に保ち歯周病を予防するように、そしてもし歯周病になってしまった場合は早期に治療に取り組むようにしましょう。

歯周病予防や歯周病治療、歯槽膿漏のことなら、神戸市中央区・三宮の平井歯科へご相談ください。

歯周病の症状

歯周病は自覚症状が見つかった時には既にかなり進行していることもあります。
以下の項目に当てはまる方は、すぐに検査や治療を受けるようにしましょう。

  • 歯茎が腫れている。
  • 歯茎から出血する。
  • 歯がグラグラする。浮いている感じがする。
  • 冷たいものが歯にしみる。
  • 口の中がネバネバしている。
  • 口臭が気になる。
  • 歯と歯の隙間が広がってきた。
  • 歯茎が下がってきて、歯が長く見える。

歯周病の治療

歯周病治療の基本は、お口の中を清潔な状態にして歯周病菌が生息しづらい環境を作っていくことです。
歯周ポケット検査
歯周病が進行していくと、歯と歯茎の間にある歯周ポケットと呼ばれる溝が深くなっていきます。
そのため、歯周病の進行度を客観的に知るための方法として、歯周ポケットの深さを測定します
スケーリング・ルートプレーニング
歯周病菌の温床となる歯石を除去し(スケーリング)、さらに歯の表面を磨いて菌が付着しにくいツルツルな歯に仕上げます(ルートプレーニング)。
歯磨き指導
歯周病になる方は、やはり歯磨きに改善の余地があることが多いというのが正直なところです。
患者さんの歯の状態に合わせて丁寧なアドバイスをさせて頂きますので、根気よく歯周病を治していきましょう。
レーザー治療
歯茎の中に膿が溜まっている時にレーザーを使って膿を出すなど、痛みや侵襲の少ない治療を行っています。



歯周病の予防・治療なら神戸市中央区、三ノ宮駅近の平井歯科医院へご来院下さい。
平井歯科医院 TEL:078-222-3380 〒651-0097  兵庫県神戸市中央区布引町4-2-7 神戸花ホテル1階

新着情報

一覧を見る

2018/03/12

【休診のお知らせ】
3月12(月)、13日(火)、14日(水)を休診とさせて頂きます。

2014/12/12

★年末年始の休診について★
2014年12月30日(火)から、2015年1月4日(日)まで、休診させて頂きます。
宜しくお願い致します。

アクセス



〒651-0097
兵庫県神戸市
中央区布引町4-2-7
神戸花ホテル1階

詳しくはこちら